女性の身体

女性の身体というのは、ここを触れば必ず感じるというような性感スイッチがあるわけではないのですね。乳首は多くの女性にとって性感帯であるわけですが、赤ちゃんにおっぱいを吸わせているときも感じてしまうか、というとそんなことはありません。逆に、好きな人と部屋で2人きりだったりすると、身体のどこを触られても感じてしまう、ということだってありますよね。性感帯の中でも、もっとも感じる性器について、女性自身でも詳しく知っている人は少ないのですね。女性がセックスのときにどう感じているのか、どんな気持ちなのかを知るためにも、女性器のしくみについて知っておくことはとても大切なことなのではないでしょうか。性器は外性器と内性器に分けられます。外性器のいちばん外側にあるのが大陰唇ですね。女性の場合は脂肪が豊富な組織として発達して女性器を包み込むようになったようです。大陰唇の内側にあるのが小陰唇で、大陰唇にくらべると個人差が大きいようです。性的な刺激を受けて興奮すると充血したり膨張したりしてきます。左右の小陰唇が合わさる上端の部分にクリトリスがあるわけですね。
出会い系サイトランキング

カテゴリー: 女性の身体 | コメントする

多くの女性が躊躇しない事

多くの女性は家庭の内情を話すのにも躊躇しないようですね。こちら側が筋道を立てて導いていかないと、どんどん話があらぬ方向へ行ってしまうという特徴があるようです。話を整理しながらナピゲー卜していかないと、同じところを堂々巡りするだけで一向に解決策が見えてこないようなところもあるようです。女性の多くは別に話が結論に至らなくてもいいらしいですね。女の脳にとっては共感してもらうことが無上の喜びとなるわけです。たとえ問題が解決しなくても、話すだけ話してそれを受け止めてもらえたと感じるだけで、かなりスッキリとするという部分があるわけですね。 続きを読む

カテゴリー: 関係 | コメントする

女性の間でよくあること

ある有名な先生が、自分のクリニック内の美人と評判の女性と付き合っていたらしい。その関係は周りも公認だったようです。そしてある晩、そのカップルのほかにもう一人、新人のナースを誘って3人で飲みに行ったところ、その先生は新人ナースにすっかり興味を持ってしまったようなのです。二人になった瞬間を見逃さずメールアドレスを交換し、連絡を取り合って、二人きりでデートに誘うことに成功したようなんです。もちろんデートした後には、これは二人の内緒だからね、としっかり釘をさしておくことも忘れなったようです。しかしデートの翌日、その先生が出勤してみると、彼女でもなく新人ナースでもない、ほかのナースから、先生、新人とデートしたらしいですね、などと冷やかされて驚いたということがあったようです。 続きを読む

カテゴリー: 関係 | コメントする

男女それぞれの顕著な特徴

男と女の間では、相手の発する言葉や態度に対する受け止め方のすれ違いが多く見られますよね。。女性から、私の気持ちをまったくわかってくれないダメな男、というレッテルを貼られてしまうことって結構多いですよね。これは脳の構造の違いが本能的に命令を出しているのであり、女性特有の心理、行動はそこを理解していないと読めなくなるのですよね。女性を味方につける賢い男になるために、まず、脳の仕組みや構造についての基礎知識を身につけておけばよいと思いますね。女性の脳ってエネルギー効率がいいと言われます。それは体格の差から見れば当然のことで、脳の体積と重量には差があるのです。しかし、知能自体には差がないのです。ということは、小型の女脳のほうが効率がいい脳ということが言えるのかもしれませんね。男性は右脳が大きいと言われます。脳大脳を真ん中で割って、左右の脳を比較すると、女性の脳は左右の差が少ないのです。それに比べて男性は右脳のほうが大きくなっているのです。これは女性の脳にメリットがあるとも言われますね。脳卒中によって脳が壊れても残ったほうの脳で、その機能をある程度カバーできるというのです。そのような脳の違いが、男女それぞれの顕著な特徴となって表れているわけですね。気になる女性との出会いには、ぜひこのような知識を役立ててみる必要がありそうですね。

カテゴリー: 関係 | コメントする

男性との出会いに関して

特に独身の女性は母親との関係で苦労することも多いようです。母の話を聞きたくないとき、機嫌が悪いときばかりでなく、体調が悪いときや心配事があるとき、感情が高ぶっているときなどは、人の話を聞く態勢が保てませんよね。そんな時にガミガミ言われると、いつもなら我慢できることでも、かっとなって言い返したくなってしまうこともあります。「すごく疲れているからあとにして」「仕事で嫌なことがあってイライラしているから、その話は今度にして」それを防ぐには、いくら娘がコミュニケーションスキルに磨きをかけ、母親を受け止めようとしても、母親からの厳しい追及に辞易してしまいますね。多くの現代独身女性が苦しめられているであろう、「まだいい人見つからないの?」「このまま独身で、一体どうするつもりなの?」という言葉。そういう時には自分の事情をストレートに説明することです。そうしておけば、相手もしつこく話を続けようとはしないでしょう。それでももし絡んでくるようなら、「いまは調子が悪くて聞けないから、ごめん」と断って、その場を離れればいいんですよね。独身の理由なんて人それぞれですから。そして理由なんてない場合も多いです。出会いが少ない、仕事が忙しすぎる、恋愛がうまくいかない、彼と結婚観やタイミングが合わず別れることになった、などなど。男性との出会いに関してまで口を挟まれるようになると、本当にイライラは沸点まで達してしまいますよね。

カテゴリー: 関係 | コメントする

奇跡の出会いを大切にする

奇跡の出会いを大切にするためにも、うまくいくためには自分にも他人にも忍耐をもって接するということが必要になりますよね。どのように人と接すればよいか。それは夫婦の問だけでなく、今までの人生で接してきた大切な人、すべてに対しても同じですよね。もしかすると子ども時代に自分が接してもらった方法とはまったく違う方法かもしれません。ときには困難に感じることもあると思います。なぜならば、相手がどのように接してきたとしても、昔と同じような接し方では接しないということをしなければならないからですよね。結婚当初は一緒にいて幸せであったにもかかわらず、今では長い期間、不満足な人間関係をもっているという夫婦はめずらしくありません。というか今はそのほうが多数派なのかもしれませんね。そして、不幸せな夫婦のほとんどは、互いに結婚生活についての苦情を言い、不幸せの責任を相手になすり付けています。おそらく、そういった夫婦はふたりともその結婚生活において、そもそも何が問題でいったいどのように対処すればいいのかについて考えたことがないのではないでしょうか。出会った頃や新婚時代に抱いていた気持ちをもう一度思い出し、そして今の相手もしっかりと認めてあげることが大事なんでしょうね。もし相手が当時と少し変わってしまったとしても自分もそうである可能性もありますから。いいところも悪いところもすべてまとめて認めてあげて愛することが人間関係では大切なんでしょうね。とても難しいことですけどね。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

未知の離婚よりはまだまし

配偶者と別居や離婚も考えたが、多くの理由(たとえば子ども、お金、家族、宗教、あるいは自分ひとりで人生をはじめることへの怖れ) から、ふたりは別れないできたというケースは多いでしょう。それは、たとえ一緒にいて、それがお互いにとってみじめな状態であったとしても、未知の離婚よりはまだましだと信じているからに違いありません。長年、夫婦に対して相手への接し方を教えている人がいるんですがある結論に達したようです。それが教えの核となるもののようです。援助を求めてくる人々はすべて不幸せであるが、人がどれほどみじめな状態にあったとしても、脳には何も問題はないと信じているということのようです。 続きを読む

カテゴリー: 結婚 | コメントする

無関心

そして「無関心」というところまで到達してしまうわけですね。

「彼は昔ほど私に関心をもたなくなったようです。理由はわかりません。ただ、いやだと拒むのはたいてい私なんですが、その理由については何度も彼に言ってきました。寝る前にシャワーを浴びてくれれば、私はもっと楽しめるんです。でも彼はその気にならないと言うんです。それでいて私になめろと言うんっです。なんで私たちがこんなに問題を抱えているのか、さっぱりわかりません。彼がシャワーを浴びているときに一緒に入って、背中を流してあげようかと言ったこともあります。そうしたら、なんと彼は怒ってしまったんです。僕のことを赤ん坊のように扱うなって。」 続きを読む

カテゴリー: 結婚 | コメントする

陳腐なものになる

人と人が出会い一緒になるというのは本当に奇跡だと思います。しかしその奇跡的体験が日常生活の繰り返しの中でどんどん陳腐なものに思えてきてしまうんですよね。そしてお互いが相手を攻撃するようになっていくのです。「夫がだらしないのは、本当の気持ちを言えば、私はそれは母親の責任だろうと思っています。母親だったら、子どもが清潔感をもたないで過ごすことを許してはいけないと思うからです。たしかに私も、そのことについては、夫が学べるほどは完壁にできていないと思います。それ以外では、とてもいい生活をしています。ふたりともいい仕事についていますし、家もはじめてもつ家にしては、とてもいい家に住んでいます。私はその家にはとびっきり手をかけて一層魅力的な家にしました。ありがたいことに、経済的にも困っていません。家計についてはすべて帳簿をつけて管理しています。私たちは貯金を賢明に使って、ちょっとした余裕もあります。ジョンは素敵です。浪費することもなく、それほど要求がましくすることもありません。私がたてた予算通りに、ポケットに小銭があれば、満足しているようです。その分野では私は幸せなのですが、私が不満に感じていることは、私がこんなにも彼のために努力しているのに、彼はまったく私に感謝していないことなんです。」 続きを読む

カテゴリー: 結婚 | コメントする

魅力的な人の感染力

魅力的な人との出会いは根深い価値観までも劇的に変化させたりするものですよね。魅力的な人の感染力というものは本当に凄まじいと思いますね。そのような魅力的なリーダーに仕事を介して出会った人というのは本当に幸せです。僕がそうであったからこそ、僕自身もそのようになりたいなぁと強く思っています。色々と仕事に慣れる前に、自らの実践を反省的にとらえることは不可能ですし、逆に、しっかりと基本的な手順を覚えてこそ、次の段階で省察が可能になるということはあります。その基準となる感覚を身に付けることが、何よりも優先されます。しかし、すでに業務にも十分慣れた中堅やベテランが、決められたことをこなすだけでは問題がありますよね。 続きを読む

カテゴリー: 魅力的な人 | コメントする

成長速度が早まる出会い

日々の忙しい業務の実践の中に「省察」を取り入れることは重要とされています。だからこれほど多くの研究がなされているんでしょうしね。この「省察」を単に「振り返る」という浅い理解にとどめてしまっていては、実践者としての心がけはできたとしても、リーダーとして創造的な場をデザインする上では、まだ十分ではありませんよね。リーダーには実践を批判的にとらえ、単にこれを振り返るだけではなく創造的に解決策を見いだすことが求められるからです。また「新人の省察」と「成長を続けるベテランの省察」も違うはずですよね。実践と省察について段階に分けてしっかり考えてみる必要がありそうです。まずは単純な実践です。決められたこと、やるべきことを実践するだけのことです。 続きを読む

カテゴリー: リーダー | コメントする

日常業務を創造的に

リーダーが行うマネジメントにおいて、日常業務を創造的に変えていくことは非常に難しいことではありますけど重要な視点ですよね。なぜなら、複雑な知の特徴でもある暗黙知の多くは、日常業務の実践の中で獲得されるからであり、それは質の高い知の実践が、より高い質の知の獲得につながるという発展的なプロセスを意味するからです。基礎的な業務においても、単なる作業としてこれを実施する場合と、そこから相手の状態を多面的にとらえながら、さまざまな工夫を凝らして実践する場合では、まったく異なります。 続きを読む

カテゴリー: 日常業務 | コメントする

魅力あるリーダー

よく知られた言葉で「PDSサイクル」という言葉がありますよね。これは三つの「計画」「実践」「評価」という段階を繰り返すという意味だけでなく、これらの三つの段階が、それぞれに一定程度重要であることを示したモデルなのですね。 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

活気のある職場で働きたい

仕事の場ではマネジメントが欠かせません。コンテクストはすべてがマネジメントできるとは限りません。個人の経験のように、内在的な部分が多く含まれるばかりか、そもそもの状況がマネジメント不可能である場合がほとんどだからですね。それでもこれを知のマネジメントという視点からとらえるならば、間接的にコンテクストを共有する場を設定するなど、コンテクストマネジメントの一連のプロセスを支援していくことは可能です。コンテクストマネジメントのプロセスとは、知の視点からとらえると、コンテクストの「共有」「構築」「適合」「把握」という四つの段階をたどります。まずはコンテクストの共有。知識が共有される段階では、前提として基本的なコンテクストの「共有」が不可欠になります。コンテクストの共有とは、場においてこそ可能です。そこで一貫性、多様性、自律性という条件を備えた「よい場」をつくることがリーダーの役割になります。さらに自らの業務課胆を察知して、そこにメンバーの意識を集中させると、場が活性化して、コンテクストの共有にも効果的ですね。これだけでも職場の雰囲気というのは全く変わってくると思います。みんなそのような活気のある職場で働きたいものです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

さまざまな思いをもった人たち

看護の現場での出会いというものを考えてみたいと思います。さまざまな思いをもった人たちが出会い、この思いを実践へと結びつける過程では、対話が繰り広げられますね。共有された時間と空間の中で、身振り手振りを交えて互いの言葉をぶつけ合うのです。そして、この対話を通じて新たな知が創造されるわけです。また、創造された知識は、必然的に実践を伴います。根源的に知識は行為であるといってもよいでしょう。それが本当に正しいと知っていれば、実行に移すからです。プラトンも言うように、正しいと知っていて実践に移さないのであれば、本当に知っていることにはなりません。逆に「正しいと知っていても実践できない」状況は、より基本的な部分にマネジメントの問題があるはずです。このような、さまざまな思いをもった人たちによって共有された時空間を「場」と呼びます。「場」で繰り広げられる対話や実践の中身はさまざまです。看護の現場では、たとえば目の前の患者のアセスメントに始まり。過去の経験や知識を総動員しながら、よりよいケアの方法を探し出そうとするはずです。そこに居合わせた人で知識が不足している場合は、専門家を呼びにいくこともあるでしょう。参考書で分かることもあるはずです。このように、多面的に知を希求する活発な雰囲気が創造性の源泉となるのですね。まさにダイナミックな緊張感のある出会いがそこでは繰り広げられているわけですね。

カテゴリー: 未分類 | コメントする