奇跡の出会いを大切にする

奇跡の出会いを大切にするためにも、うまくいくためには自分にも他人にも忍耐をもって接するということが必要になりますよね。どのように人と接すればよいか。それは夫婦の問だけでなく、今までの人生で接してきた大切な人、すべてに対しても同じですよね。もしかすると子ども時代に自分が接してもらった方法とはまったく違う方法かもしれません。ときには困難に感じることもあると思います。なぜならば、相手がどのように接してきたとしても、昔と同じような接し方では接しないということをしなければならないからですよね。結婚当初は一緒にいて幸せであったにもかかわらず、今では長い期間、不満足な人間関係をもっているという夫婦はめずらしくありません。というか今はそのほうが多数派なのかもしれませんね。そして、不幸せな夫婦のほとんどは、互いに結婚生活についての苦情を言い、不幸せの責任を相手になすり付けています。おそらく、そういった夫婦はふたりともその結婚生活において、そもそも何が問題でいったいどのように対処すればいいのかについて考えたことがないのではないでしょうか。出会った頃や新婚時代に抱いていた気持ちをもう一度思い出し、そして今の相手もしっかりと認めてあげることが大事なんでしょうね。もし相手が当時と少し変わってしまったとしても自分もそうである可能性もありますから。いいところも悪いところもすべてまとめて認めてあげて愛することが人間関係では大切なんでしょうね。とても難しいことですけどね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です