多くの女性が躊躇しない事

多くの女性は家庭の内情を話すのにも躊躇しないようですね。こちら側が筋道を立てて導いていかないと、どんどん話があらぬ方向へ行ってしまうという特徴があるようです。話を整理しながらナピゲー卜していかないと、同じところを堂々巡りするだけで一向に解決策が見えてこないようなところもあるようです。女性の多くは別に話が結論に至らなくてもいいらしいですね。女の脳にとっては共感してもらうことが無上の喜びとなるわけです。たとえ問題が解決しなくても、話すだけ話してそれを受け止めてもらえたと感じるだけで、かなりスッキリとするという部分があるわけですね。カウンセリングというのは、受容、共感、支持、保証、説得、という5つの技術をもって相手の話を聞くことがベースとなると言われます。その人の悩みを受け容れ、共感し、その人の立場を支持し、よくなることを保証し、治療へ向けて努力しようと説得するという流れになるようです。女の患者さんに対する場合は、このうちの受容と、共感がもっとも大切になるようなんですね。自分の悩みを、受け止めてもらえた、共感してもらえたと感じることさえできれば、単に話をするだけで治療効果が上がることも多く見受けられるようです。

カテゴリー: 関係 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です