活気のある職場で働きたい

仕事の場ではマネジメントが欠かせません。コンテクストはすべてがマネジメントできるとは限りません。個人の経験のように、内在的な部分が多く含まれるばかりか、そもそもの状況がマネジメント不可能である場合がほとんどだからですね。それでもこれを知のマネジメントという視点からとらえるならば、間接的にコンテクストを共有する場を設定するなど、コンテクストマネジメントの一連のプロセスを支援していくことは可能です。コンテクストマネジメントのプロセスとは、知の視点からとらえると、コンテクストの「共有」「構築」「適合」「把握」という四つの段階をたどります。まずはコンテクストの共有。知識が共有される段階では、前提として基本的なコンテクストの「共有」が不可欠になります。コンテクストの共有とは、場においてこそ可能です。そこで一貫性、多様性、自律性という条件を備えた「よい場」をつくることがリーダーの役割になります。さらに自らの業務課胆を察知して、そこにメンバーの意識を集中させると、場が活性化して、コンテクストの共有にも効果的ですね。これだけでも職場の雰囲気というのは全く変わってくると思います。みんなそのような活気のある職場で働きたいものです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です